こんばんわ!粂原です。

数学が苦手という高校生に、

「どうすれば数学ができるようになるでしょうか?」

と聞いてみると十中八九の人がこう答えます。

「わからない問題を焦らずじっくり考える」

また、大人に数学を勉強する意味について聞いてみると「難しい問題を考えることで、考える力を身につけるため」といったような回答をする人が結構います。

たしかに、難問を考えることも数学の勉強でしょう。しかし、それが数学者の仕事です。

数学が大好きな人が、受験とかとは無縁の状況で、自分の好きな分野を考えるのです。

こと受験に限っては、「じっくり考える」型の勉強は、非常に非効率的であると言わざるを得ません。それでは、テストで点は取れるようにならないのです。

じっくり考えるのは知識を身につけてから

そもそも「考える」という動作は、自分の知っている知識を引っ張りだしてきたり、組み合わせたりする動作。決して何もないところから何かを生み出す作業ではありません。

つまり、数学ができるようになるために必要なのは「知識」なのです。知識がなければ、考えることすらできまえせん。

普通の高校生が難問を「うーんうーん」と唸って考えるというのは、何も考えていないのと同じこと。

それでは一体、数学の問題を解くために必要な知識とは何なのでしょうか。

次回以降で一つ一つ掘り下げながら解説していきたいと思います!

【ご報告】

3月に出版した、『「やる気」と「集中力」が出る勉強法』 が、なんと「韓国語」に翻訳され、韓国で販売されることになりました!!!

英語圏や頭脳王が人気の中国を飛び越して、韓国の出版社からの依頼。やはり受験競争が激しいのでしょうか?

何にせよ、すごく嬉しいです!!

これも、応援してくださっているみなさんのおかげですね。ありがとう!!
(すでに日本では、初版のあと第二版、第三版と、二度の重版がかかっています!感謝!!)

購入してくださった方の感想は、こちらで読むことができます!

http://benkyokakumei.com/hon2kanso

Twitterでも、たくさんの感想いただきました!!

http://benkyokakumei.com/archives/115

今日の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひ感想を、僕のLINEまで送ってください!

今日の勉強、これからの勉強への意気込みでもOKです!!