こんばんわ!粂原です。

学校での理科は生物か化学、物理をやるところが多いように思います。しかし、地学は短期間で完成させ、高得点を狙うのには持ってこいの教科です。また、学校で地学がないという人は独学も可能なので安心してください。

理科の勉強は地学から片付けてしまおう

そして、地学は地震、星、天気などみなさんの実生活に非常に密着しているものを扱っているので、勉強していておもしろい教科だとも言えると思います。

実際僕自身も、独学で地学をやりましたが、勉強を進めても「わからないな」「わからないからつらい」というような思いを持つことはありませんでした。

独学でも十分マスターできる地学

ここまで言って「本当に独学でできるの?おもしろいの?」と思う人もいるでしょう。
 
そういう人は『安藤 センター地学Ⅰ講義の実況中継』(語学春秋社)という参考書をとりあ えず読んでみてください。1ページ目できっとあなたは「地学って簡単だ!いける!」と思うと思うんです。
 
まずは手にとって地学という教科を始めてみてください。基本的にはこの一冊をやって、センター試験の過去問をさっと解くことで地学は点数が取れると思います。

他の教科では長々と色々説明したのに地学ではこんなにさらっとでいいのか!と思うくらいなんですが、本当に地学はそのくらいとっつきやすいし点が簡単に取れるんです。

しいて言うならば、『安藤雅彦のトークで攻略センター地学1塾ー高校地学(実況中継CD-ROMブックス)』(語学春秋社)もやっておくとなおよしです。これは問題集形式ですがCDがついていますので耳から勉強できます。

なので最初に挙げた『センター地学実況中継』を一 冊やった後に、『トークで攻略』をやってください。そして試験時間内に解けるかどうかも大事なので、センター試験の過去問をやって地学は仕上げにしましょう。

【ご報告】

3月に出版した、『「やる気」と「集中力」が出る勉強法』 が、なんと「韓国語」に翻訳され、韓国で販売されることになりました!!!

英語圏や頭脳王が人気の中国を飛び越して、韓国の出版社からの依頼。やはり受験競争が激しいのでしょうか?

何にせよ、すごく嬉しいです!!

これも、応援してくださっているみなさんのおかげですね。ありがとう!!
(すでに日本では、初版のあと第二版、第三版と、二度の重版がかかっています!感謝!!)

購入してくださった方の感想は、こちらで読むことができます!

http://benkyokakumei.com/hon2kanso

Twitterでも、たくさんの感想いただきました!!

http://benkyokakumei.com/archives/115

今日の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひ感想を、僕のLINEまで送ってください!

今日の勉強、これからの勉強への意気込みでもOKです!!