こんばんわ!粂原です。

前回紹介した「書く」勉強法と同じくらいポピュラーな勉強法が、今日紹介する「読む」勉強法だと思います。

しかし、漠然と読んでいるだけではあまり効果がありませんから、目的によって読み方を変える必要があります。

「読む」勉強法3つのポイント

①全体を理解するために読む
歴史教科などで、全体像を把握したいときには、なるべく速く読みます。

単語を覚えようとする必要はありません。文章の意味を理解できるギリギリのスピードで、さっと読みましょう。

②暗記するために読む
何かを暗記したいときに読む場合、重要な箇所では読むスピードを落とします。

それほど重要ではない部分は、さらっと読みます。覚えたい部分は一度読んだあと、読むのを一旦ストップします。そして、頭の中でその部分を思い出してみます。

うまく思い出せれば続きを読み、思い出せなければもう一度その部分を読みます。
 
③繰り返し読む
読んで覚える勉強法は、とにかく繰り返し読むことがポイントとなります。一度読んだだけで覚えられる人はなかなかいません。ゆっくり一回読むよりは、速く三回読んだ方が効果は高いです。

「読む」勉強法をマスターすれば、入浴中や移動中など机に向かう以外の時間も効率良く勉強することができます。

「今まで何となく読んでいました!」という方は、本日紹介した方法をぜひ実践してみてくださいね!

【ご報告】

3月に出版した、『「やる気」と「集中力」が出る勉強法』 が、なんと「韓国語」に翻訳され、韓国で販売されることになりました!!!

英語圏や頭脳王が人気の中国を飛び越して、韓国の出版社からの依頼。やはり受験競争が激しいのでしょうか?

何にせよ、すごく嬉しいです!!

これも、応援してくださっているみなさんのおかげですね。ありがとう!!
(すでに日本では、初版のあと第二版、第三版と、二度の重版がかかっています!感謝!!)

購入してくださった方の感想は、こちらで読むことができます!

http://benkyokakumei.com/hon2kanso

Twitterでも、たくさんの感想いただきました!!

http://benkyokakumei.com/archives/115

今日の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひ感想を、僕のLINEまで送ってください!

今日の勉強、これからの勉強への意気込みでもOKです!!