こんばんは!粂原です。

突然ですが、僕は数学が苦手でした。

「苦手って言ったって、他の教科に比べたらでしょ?京大に合格するくらいなんだから!」

とそんな声が聞こえてきそうですが、そうではありません。本当に苦手でした。

小学校のテストで60点

どのくらい苦手かというと小学校のころ受けた図形のテストで、60点という点数をとったことがあります。

小学校のテストと言えば、100点なんて当たり前。周りにも60点という人はいなかった記憶があります。

しかし、そんな僕も中学以降「ある勉強法」を取り入れたことで、

高校時代の数学の模試では70超えを何度も記録したことがあるくらい、点を取れるようになりました。

解法暗記という勉強法を取り入れました

それは、「解き方を覚える」です。受験業界では良く、「解法暗記」なんて呼ばれています。

解法暗記は、答えを丸暗記する作業ではありません。

問題の数値や条件が少し変わっても、その問題が解けるように「解き方を覚える」作業なんです。

あなたがもしこれまで大学受験の数学を、長時間考える教科だと思っていたなら、

ここでちょっと立ち止まって、解法暗記を中心とした勉強法に切り替えてみてください。

きっと、今より点数が取れるようになるはずです!

【ご報告】

3月に出版した、『「やる気」と「集中力」が出る勉強法』 が、なんと「韓国語」に翻訳され、韓国で販売されることになりました!!!

英語圏や頭脳王が人気の中国を飛び越して、韓国の出版社からの依頼。やはり受験競争が激しいのでしょうか?

何にせよ、すごく嬉しいです!!

これも、応援してくださっているみなさんのおかげですね。ありがとう!!
(すでに日本では、初版のあと第二版、第三版と、二度の重版がかかっています!感謝!!)

購入してくださった方の感想は、こちらで読むことができます!

http://benkyokakumei.com/hon2kanso

Twitterでも、たくさんの感想いただきました!!

http://benkyokakumei.com/archives/115

今日の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひ感想を、僕のLINEまで送ってください!

今日の勉強、これからの勉強への意気込みでもOKです!!