こんばんわ!粂原です。

現在、英語が試験で課されない大学は、ほとんどありません。

そのため英語は、受験勉強の要と言ってもいいほど重要な教科です。

でも安心してください。

英語は勉強すれば、誰でも高得点が安定して取れるようになる教科でもあります。

アメリカやイギリスに行けば、幼稚園児でも英語を話してるくらいですから(笑)

東進ハイスクールの有名講師、安河内先生も「英語なんて言葉なんだ。こんなもんやれば誰だってできるようになる。」って言ってますよね。

しかし、言語に関する勉強をする上では必ずといっていいほど立ちはだかる課題があります。

それは、「ある程度長い時間を割かなければならない」ということです。

英語は誰でも出来るようになるけれど、絶対的な勉強時間が必要です。

そのため、受験勉強を始めるなら、まず英語から始めることをおすすめします。

英語を得意科目に育てるための勉強法とは?

特に英語の勉強で言えるのは、「戻ることを恐れない」ことだと思います。

どういうことかというと、自分のレベルに合った教材をやりましょう、ということです。

例えば、中学の英語で穴がある人は、高校レベルの英語学習をしていても、なかなか捗りません。
 
それは、英語が積み重ねの教科だからです。

ちょっとわからないところが多いな・・・と思ったら、迷わず教材のレベルを下げましょう。

そして、力がついたら、またその教材に戻ってくればいいんです。

レベルを下げて勉強するのはこれまでの努力が無駄になってしまうように感じてしまいがちですが、

そうではありません。

積み重ねの教科だからこそ「勇気を持ってレベルを下げる」ことが大切なんです!

【ご報告】

3月に出版した、『「やる気」と「集中力」が出る勉強法』 が、なんと「韓国語」に翻訳され、韓国で販売されることになりました!!!

英語圏や頭脳王が人気の中国を飛び越して、韓国の出版社からの依頼。やはり受験競争が激しいのでしょうか?

何にせよ、すごく嬉しいです!!

これも、応援してくださっているみなさんのおかげですね。ありがとう!!
(すでに日本では、初版のあと第二版、第三版と、二度の重版がかかっています!感謝!!)

購入してくださった方の感想は、こちらで読むことができます!

http://benkyokakumei.com/hon2kanso

Twitterでも、たくさんの感想いただきました!!

http://benkyokakumei.com/archives/115

今日の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひ感想を、僕のLINEまで送ってください!

今日の勉強、これからの勉強への意気込みでもOKです!!