こんばんわ!粂原です。

僕は現在、京大大学院に通いながら書籍の出版や、会員制で勉強法を教える塾「粂原学園」を運営しています。

しかし、それは「起業したかったから!」「お金を儲けたいから!」といった表面的な動機で行っているわけではありません。

そこで本日は僕がなぜ、このような仕事をしているのか?

今の教育ビジネスを立ち上げようと決めたきっかけについてお話してみたいと思います。

きっかけは大学2年生の時

 
僕が大学2年生で、アルバイトとして家庭教師をしていた時のこと。

ある生徒を数年教えていたのですが、その彼が見事、第一志望に合格しました。

彼の実家はいちご農家をやっていて、感謝の気持ちと言っていちごをいっぱい送ってくれたんです。

その時食べたいちごが、本当に美味しかった。

涙が出るほど美味しかったんです。

なぜそんなに美味しかったのか。(僕はそこまで、いちご大好きマンではありません笑)

彼と一緒に戦った日々を思い返して

僕は彼を、間近で教えて、応援してきました。

・まず机に向かうことができなかった彼にやる気の出し方を教え

・いざ始めてもついつい集中が途切れてしまう彼に集中力を保つコツを教え

他にも色々なことを教えながら、彼と一緒に戦ったんです。

そもそも彼はかなり人見知りで、僕と普通に話すときも緊張してしまうような子でした。

彼と会話で盛り上がるために、最初にいただいたお金でBLEACHを全巻買ったのも、いい思い出です笑

(彼の棚に全巻揃っていたので、相当BLEACHが好きなはず!と思ったんです。その後彼よりも、BLEACHファンになってしまいました笑)

そんな彼が。最初は中学レベルの英文ですら読めなかった彼が。

偏差値を15以上上げて、無謀とも思えた第一志望大学に合格した。

「先生のおかげだよ!ありがとう!」

そう言って送ってくれたいちごだから、どんなものよりも美味しかったんです。

そのいちごを食べた時、僕は教えることの楽しさと、教えるという仕事のやりがいを、心の底から実感しました。

「勉強ができない。その気持ちは思い込みと勉強法を知らないことからくる。」

「やる気が出ない。それはやる気の出し方を知らないだけ。」

勉強のコツを教えることで、もしかしたら一人の人生をもっと楽しいものに変えることができるかもしれない。

そう考え始めた時、大げさですが、僕が生きるべき道みたいなものが見えた気がしたんです。

それから「どうやったらもっと多くの人に僕の勉強法を教えられるのか」と考えた結果、

最良の手段を取るために起業という選択をすることになったのです。

起業当時は「京大を出て就職もせずに起業なんて勿体ない!」という意見もありました(笑)

いろんな考え方がありますが、一人でも多くの人に僕が培った勉強を教えて志望校に合格してもらうこと。

それが僕の生きる道なんです。

最近は粂原学園の生徒さんも増えてきて、活気づいてきました!

おかげさまで今はとても充実した時間を過ごさせていただいてます!

【ご報告】

3月に出版した、『「やる気」と「集中力」が出る勉強法』 が、なんと「韓国語」に翻訳され、韓国で販売されることになりました!!!

英語圏や頭脳王が人気の中国を飛び越して、韓国の出版社からの依頼。やはり受験競争が激しいのでしょうか?

何にせよ、すごく嬉しいです!!

これも、応援してくださっているみなさんのおかげですね。ありがとう!!
(すでに日本では、初版のあと第二版、第三版と、二度の重版がかかっています!感謝!!)

購入してくださった方の感想は、こちらで読むことができます!

http://benkyokakumei.com/hon2kanso

Twitterでも、たくさんの感想いただきました!!

http://benkyokakumei.com/archives/115

今日の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひ感想を、僕のLINEまで送ってください!

今日の勉強、これからの勉強への意気込みでもOKです!!