こんばんわ!粂原です。

受験生であれば必ず押さえておきたい勉強法の中に「音読」と「リスニング」があります。

自分で声に出したり、耳から聴くことで、黙読するより効果があると言われています。

しかし、音読はついつい声に出すことに意識がいってしまうため、理解するには不向きかもしれません。

そのため、僕は音読をする際、黙読と併用しながら行っていました。

またリスニングついてはよく英語の参考書とか単語帳で、CD付き(または別売り)のやつがあると思いますが、

思った以上に活用していない人が多いです。しかし、これは絶対に損です!

ということで本日は音読とリスニングを取り入れて勉強時間を増やす!というテーマでお話します。

音読の効果が高い科目とは?

音読の効果は「英語・古文・漢文」の3つが特に大きいです。

この3つは、基本的には語学なので、音読することでそれぞれ特有のリズムが身につきます。

社会系や理科系の暗記科目でも、音読は有効です。

音読のポイントは、やはり理解しながら読むこと。

一度目は黙読をして、しっかり文の意味を理解してから、音読すると効果が高いです。

リスニングによる勉強とは

CDの音源をiPodやiPhoneなどに入れて持ち歩けば、ほんとにどこでも勉強できます。

それに、やる気が出ないときでも、つけておけば勝手に耳に入ってきますよね?それでいいんです。

もちろん、覚えようと思って聴くときより効率は下がります。でも、何もしないよりは全然ましです。

そして、このCDを活用した勉強は、家でも効果を発揮します。

例えば、僕の場合はお風呂に入りながらお風呂用のスピーカー(Amazonで数千円で買えます)で英単語を聴いていました。

お風呂に入っている20分か30分が、毎日英単語を覚える時間になるわけです。

こうやって、勉強を生活と結びつけて、生活の一部にしてしまうと、すごく楽になります。

僕はお風呂の中だけで英単語をほとんど覚えたし、英熟語や古文単語もCDを使って移動時間に覚えました。

耳からの学習は、ほんとに効果が高いです。

今まで「聴く」という学習を取り入れてなかった受験生は今からでも遅くありません!

絶対に取り入れてください!

【ご報告】

3月に出版した、『「やる気」と「集中力」が出る勉強法』 が、なんと「韓国語」に翻訳され、韓国で販売されることになりました!!!

英語圏や頭脳王が人気の中国を飛び越して、韓国の出版社からの依頼。やはり受験競争が激しいのでしょうか?

何にせよ、すごく嬉しいです!!

これも、応援してくださっているみなさんのおかげですね。ありがとう!!
(すでに日本では、初版のあと第二版、第三版と、二度の重版がかかっています!感謝!!)

購入してくださった方の感想は、こちらで読むことができます!

http://benkyokakumei.com/hon2kanso

Twitterでも、たくさんの感想いただきました!!

http://benkyokakumei.com/archives/115

今日の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひ感想を、僕のLINEまで送ってください!

今日の勉強、これからの勉強への意気込みでもOKです!!