こんばんは!
粂原です(^O^)

突然ですが、問題っ!

受験生がこの時期、「最もしなければならないこと」はなんでしょう??

少し、考えてみてください!



どうでしょうか??

もちろん、大切なこと、するべきことはたくさんあります。

過去問演習だったり、苦手分野を潰したり。

自分の得点力をしっかり把握したり・・・

しかし、僕が最もしなければならないと思うことは、

「体調管理」

です。

「そんなの当たり前じゃん!」

という声が聞こえてきそうですね笑

そうなんです。

当たり前だから、怖いんです。

毎年、かなりの人がセンター本試を受けることすらできていない

センター試験の本試験日、受けられないほどの体調不良になると、必要な手続きをとることで、1週間後の追試験を受けることができます。

この追試験、「毎年100人以上」の受験者がいるんです。

追試は本試より難しいので、好き好んで受ける人はいません。(体調が著しく悪いことを証明できるものが必要なので、インフルエンザと嘘をついて受けることはできません!)

皆追試は難しいと知っているので、体調を崩しても無理やり本試験を受ける人がかなりいます。

そう考えると、実際は100人をはるかに超える受験生(おそらく、1000人以上は毎年体調が悪い状態で試験を受けていると思います。)が、試験当日に体調を崩しているということになります。

また、本番までには回復したとしても、これからの受験期、体調を崩すというのは大幅なマイナス。

体調を崩す少し前に勉強していたものの復習ができず、崩している間の勉強もほとんどできず、治ってからも勉強のペースを戻しづらい・・・

受験直前期に、これはめちゃくちゃ痛いですよね。

ですので、体調に気をつけすぎるということはありません!!

・手洗い(しっかり石鹸で、手のひら全体+手首辺りまで!)+うがい

・人混みにいくときは、マスク+のど飴

・意識的に鼻呼吸(口呼吸は、鼻というフィルターが悪いものから守ってくれないため)

・体温調節がしやすい服装

などなどを、より一層徹底しましょう!

それでも風邪を引いてしまったら・・・

実はかくいう粂原も、毎年この時期になるといつも風邪を引いていたんです。

喉がめちゃくちゃ痛くなることからはじまり、二日後くらいから鼻水がずるずる、咳が1週間くらい続く・・・
酷いときは熱がでて、寝込む・・・

しかし!

たった2つのことを徹底してから、風邪がほとんど1日で治るようになりました!!

その方法を紹介する記事を書いたので、ぜひ読んでみてください!

http://benkyokakumei.com/archives/56

役に立ったと思ったら、ぜひTwitterやLINEで共有してくださいね!

喜びます!!

僕が!笑

【今日の名言】

いつ死ぬかは誰もコントロールできない。これはもう、しょうがないですね。「命は天にあり」です。でも、「体は我にあり」で健康管理は疎かにできません。

小野田寛郎